ライティング講座

Webライティング未経験者であれば、

「ライティングってただ文章を書くだけでしょ?」

と思ってしまうかもしれません。

しかしじつは、Webライティングにはさまざまな書き方やテクニックがあることをご存知でしょうか?

それを知ってしまった瞬間、驚くほど世界がガラっと変わるでしょう。

ここでは、Webライティング初心者向けに、書き方の基本とテクニックについて説明していきます。



Webライティングの書き方が上達したらメリットある?

Webライティングのメリットとは?

Webライティングの書き方が上達すると得られるメリットは2つあります。

  • 情報収集スキルが上がる
  • 伝える力=文章力が上がる

特に、伝える力が身につくと日常生活や仕事でも多いに役立ちます。

コミュニケーションをとる際に、どうしたらわかりやすく説明できるのかを考えるクセが身につきます。

Webライティング書き方の基本は「お客様目線」で

お客様目線

Webライティングの書き方で必要なのは次の2点です。

  • 読みたい人に記事を見つけてもらう
  • 読み手に満足してもらう

どんなビジネスもそうですが、顧客目線が一番重要です。

これを前提に勉強していけば、Webライティング技術が向上するはずです。

読んでもらう人=ターゲットを決める!

ターゲットを決める

Webライティングの書き方の基本は、ターゲットを決めることです。

さらに、ターゲットはできるだけ細かく設定した方がいいです。

そのほうが、読み手に有益な情報を届けることができます。

たとえば、

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 地域

といったことです。

ちなみに、この記事は以下のイメージでターゲット設定しました。

この記事のターゲット設定
  • 記事がうまく書けない
  • 記事の書き方がわからない
  • ライティングのテクニックを知りたい

    ターゲットに何を伝えたいのかを決める!

    何を伝える?

    Webライティングの書き方として、ターゲットに何を伝えたいのかを明確にしておく必要があります。

    ターゲットが何を知りたいかを知るには、ターゲットの行動を知ることですぐにわかります。

     記事の内容を自分で決めないこと。

    ターゲットが知りたいことはGoogle検索で探す

    ターゲットが知りたいことはGoogle検索します。

    これがWebライティングの基本です。

    ここで重要なポイントが、

    • ユーザーは2語以上でキーワード検索することが多い

    ということです。

    そこで、2語以上の検索キーワードでユーザーの知りたいことを探します。

    この2語キーワードを探すために使うのが、Googleのサジェストキーワードです。

    サジェストキーワードの探し方

    読み手が知りたい記事を書くには、サジェクトキーワードを意識する書き方が前提です。

    Webライティングのテーマを決める際は、以下のような手順が基本です。

    1. 大テーマとなるキーワードを検索窓に入力
      たとえば「テレワーク」
    2. サジェストキーワードが表示される
    3. 上位表示されている記事の分析
      どのような記事が上位にいるかをチェックします。

      「テレワークとは」「簡単に」の2語キーワードだと上位2社が転職サイトでした。
    4. ユーザーの思考を考えて文章内容を決める
      おそらく、転職したいと考える人は、テレワークについて調べることが多いと予想。

    このような手順で2語以上の検索キーワードにもとづき、

    • どんなユーザーが何を知りたいのかを考える

    これを意識して記事を書いていきます。

     ちなみに「テレワークとは」「簡単に」の上位表示は厳しいですが記事書きました。

    その記事がコチラ。

    チェックテレワークとは?をサクっと簡単にメリットデメリットを解説!

    Google検索で上位表示を目指す意味とは?

    Google検索で上位表示される記事には、とても深い意味があります。

    • ユーザーにとって有益な内容である
    • サイト運営者は記事を読んでもらえる(広告収入や実績となる)

    といったWin-Winな関係があります。

    文章の書き方の基本「わかりやすく!」

    わかりやすく

    読んでもらいたいターゲット、伝えたい内容が決まったらいよいよ記事を書きます。

    しかし改めて注意してほしいのは、あくまでも読み手の気持ちになって記事を書くことです。

    とにかく読みづらい文章は、読み手にとって苦痛でしかありません。

    • 中学生にもわかりやすい記事を書く
      (中学生~高齢者まで多くのユーザーに見てもらう)
    • できるだけ短文に、長文NG
    • コンパクトに、箇条書きを多めに
    • 1記事1テーマ、途中で内容を変えない

    というのを意識するとよいでしょう。

    Webライティングに使える書き方テクニック

    書き方テクニック

    Webライティングに使える書き方やテクニックはさまざまあります。

    ここでは一例を挙げて紹介しますので、詳しくは外部リンクでご覧ください。

    案件によっては、WordPress(ワードプレス)に直接記事を投稿する場合もあります。

    そのような場合、クライアントは記事公開までを時短したいと考えているケースが多いです。

    案件が高額となりやすい反面、さまざまな知識やスキルも必要となります。

    ざっくりとした説明ですが、WordPressの記事投稿のマニュアルについて下記記事にて説明してあります。

    チェックWebライティング案件でのWordPress(ワードプレス)記事投稿・書き方マニュアル

    記事を書くネタがいき詰まった時の対処法とは?

    不調

    記事を書くネタがいき詰まったときの対処法です。

    1. 関連するYoutube動画を見る
    2. 関連する本を見る

    です。

    ただし本の場合、1冊1000円くらいする本をたくさん買うわけにはいきませんよね?

    ですので、amazonのKindleUnlimitedという読み放題サービスをオススメします。

    他にもさまざまな書き方が?おすすめ本を紹介

    Webライティングでは他にもさまざま書き方やテクニックがあります。

    意外にも、こうしたWebライティングのテクニックは、日常生活や仕事でも役立つ場面があり多いに活躍します。

    たとえば、

    • お客様目線での対応
    • 端的にわかりやすく説明する技術
    • わからないことを調査・検索するスキル

    です。

    最後に、Webライティングに役立つおすすめの書籍をご紹介します。

    沈黙のWebライティング

    沈黙のWebライティング

    SEOのためのライティング教本の決定版!

    SEOに強いWebライティング

    SEOに強い Webライティング

    売れる書き方の成功法則64

    おすすめの記事