転職で成功した体験談。面接ポイントやおすすめ転職サイトは?

僕は32歳のときに転職をした経験があります。

今では会社の後輩などにちょこちょこ転職の相談をされることも。

そのときの転職体験談などを交えて少し転職のアドバイスします。

[toc]

転職のきっかけは?

僕は転職する前、営業職でした。

ご想像どおり、お客さんのところへいき納品や商談する仕事です。

年収は350-400万円ほどで妻と子供もいました。

しかしあることがきっかけで心の病になりました。

適応障害という診断でした。

そのほかにもストレスで暴飲暴食がたたり体重は10kg増加、尿管結石や胃腸炎などの病気にもなりました。

その後しばらく病院に通いましたが、結局会社を退職しました。

今思うと、上司や周りの従業員はやる気もなく、会社の利益も上がっていないので給料も上がるはずもないです。

前の会社を辞めて本当に良かったと満足しています。

転職活動はいつ?どうやった?

転職活動は、心の病になる前から始めていました。

「このままこの会社にいてもダメになってしまう」と直感的に感じていたからです。

そのときにまず始めた転職活動は、転職サイトや転職エージェントサービスを使ったことです。

周りの転職者に聞くと、ほぼ9割はハローワークで求人を見つけたといいます。

しかし、ハローワークは本当にあてになりません。

僕もハローワークにも行きましたが、ハローワークは絶対にやめた方がいいです。

年収が下がるだけでなく、ブラック企業がやたら多いからです。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、担当者をつけてくれるサービスのことです。

登録すると担当者がつき、はじめに電話でヒアリングを行い、そのあとに自分に見合った条件の求人を探してきてくれます。

ですが、ほとんどの求人は条件が合わなかったです。(そんなもんです。)

でも、東証一部上場している大企業の求人は多いです。

まぁよほどのキャリアとスキルがないとまず受かることはないでしょう。

じゃあ転職エージェントを活用するメリットは何なの?って感じですよね。

転職エージェントを活用するメリットは、転職の生きたノウハウと経験を積めることにあります。

とりあえず大企業を受けてみる

僕ははじめに、転職エージェントを使って大企業を受けてみました。

受かったらラッキーだし、落ちても大きな経験になるからです。

はじめに受けたのは、某コンビニのフランチャイズ経営している会社です。

みんなよく知っているコンビニです。

いきなり書類選考と1次面接は受かり、最終面接となりました。

しかも、当初地方に在住していましたが、地方から都内までの交通費まで負担してもらえるという好待遇でした。

やはり、大企業はここが違います。案の定落ちましたが、ここでの経験は非常に役立ちました。

大企業の最終面接まで通過したという大きな自信につながったからです。

続けて大企業に挑戦してみる

その後、続けて大企業の求人に挑戦してみました。

8社ほど応募し、書類選考を通ったのは5社ほどです。

書類選考を通過した4社のうち、1社は合格しました。

上場企業でしたが、住んでいるところから少し遠かったので辞退しました。

そしてようやく10社目に受かったところに転職しました。

このときはまだ心の病が治っておらず、常に不安に押しつぶされ、暗い状態でしたが・・・

なんとか拾ってもらえて感謝してます。年商500億円ほどの上場企業の子会社です。

年収も100万円くらいアップし、満足しています。

ちなみにこのとき受かった企業は、転職エージェントサービスではなく、リクナビNEXTで探した求人です。

単なる求人サイトです。

転職活動で大変だったことは面接?

転職活動で一番大変だったことは、やはり面接です。

ポイントは、

  • ネガティブな発言は一切せずスラスラといえること
  • 表情を明るくすること
  • 相手の目をじっと見ていること

この3つは絶対に必要です。

履歴書を書くときのポイントは?

書類選考通過において必要なことは、履歴書は直筆で丁寧に書くということです。

文字の大きさや、縦横揃えて書くということが重要です。

字がキレイだったら、この字を書いた人がどんな人なのか会ってみたくなるものです。

また、履歴書は応募条件に一致するように書く必要もあります。

例えば、年齢は30歳以下、〇〇の資格は必須などと求人に書かれているのに、全く履歴書に書いていないとなると100%受かりません。

 応募条件と自分のキャリアが異なる場合は、企業の担当者に電話で確認するか、あるいは転職エージェントに聞いてみましょう!

職務経歴書を作成するときのポイント

職務経歴書を作成するときのポイントは、手書きではなくパソコンで作るということです。

PCスキルがあるということもアピールできますし、見た目をキレイに仕上げることができます。

センスが問われますが、オリジナリティを出すこともできます。

上から下までびっちり書きましょう!

書類はなるべく直接持参すること!

書類はやはり持参した方がいいです。

持参するときにもいくつかポイントがあります。

  • 必ず正装で出向く
  • 書類は透明フィルムに入れ、さらにA4の封筒に入れておく
  • 大きな声ではっきりと要件を伝える

この程度のことは最低やりこなす必要はあります。

書類を持参できなかったら?

もし書類を持参できなかった場合は次の点に気を付けてください。

  • 添え状を作成し、書類の一番上に重ねる
  • 書類は封筒に入れる前に透明カバーフィルムに入れる
  • 書類はA4の封筒に入れ、速達で出す

この点に気を付ければいいでしょう。

僕が使った転職サイトをご紹介!

最後に僕が使った転職サイトをご紹介します。

最低でもこの3つの転職サイトには登録しておくといいです。

doda(デューダ)

dodaは転職エージェントサービスです。

業界では間違いなくトップ3に入る超大手転職エージェントです。

担当者の対応もよく、たびたび電話をかけてくれました。

20時くらいまで遅い時間でも対応していただけて、dodaには本当にお世話になりました。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルート社の転職エージェントサービスです。

リクルート社はホットペッパーやゼクシィなどで有名ですので、説明しなくとも大企業であることはおわかりいただけるでしょう。

このリクルートエージェントも、dodaと同じで親切丁寧な対応をしていただきました。

dodaとはライバル関係にある転職業界トップ3に入る大手です。

dodaと掲載している求人はかなり被りますが、被らない求人もあります。

dodaと併用して登録するのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職エージェントではありませんが、求人掲載サイトといったようなものです。

知名度も抜群なので知っている方も多いでしょう。

基本的に応募したら、相手先企業の担当者と直接やりとりします。

求人はたくさんありますし、随時新しい求人が出てきます。

ちなみに僕が転職した企業は、このリクナビNEXTで見つけました。

その他の転職サイトは?

その他にも色々転職サイトを使いましたが、あまりおすすめできるものはないです。

その理由としては、dodaとリクルートエージェントの求人は業界最多数で、その他の転職エージェントの求人も網羅しているからです。

強いていうなら、マイナビ転職は登録してもいいと思います。

ただマイナビ転職には欠点があって、

  • 担当者が地方にいなかったこと(都内から対応)
  • 求人がdodaやリクルートエージェントと丸被り

という点が少し物足りなかったです。

都内から対応しているので、地方の求人はかなり少なく、担当者も地方の状況は把握していない印象でした。

でも担当者の対応はなかなか良かったですので、関東圏の方にはおすすめです。

転職活動では深く考えずに「行動」することが第一歩!

仕事でも何でもそうですが、とにかく「行動」することが何より大切です。

色々考えすぎると、時間がもったいないです。

失敗してもいいんです。僕も失敗だらけでした。

しかし、失敗がなければ成功もありません。

まずは、転職サイトに登録して、それから色々考えても十分だと思います。

転職エージェントの担当者が必ず良いアドバイスをくれますよ!

おすすめの記事