テレワークとは?

テレワークとは、比較的新しい働き方の一つです。

日本国政府もテレワークを推進しており、各企業でのテレワーク化が活発化しようとしています。

このページでは、

  • テレワークとはどういったものなのか?
  • テレワークのメリットデメリットはなにか?
  • テレワークは簡単に実行できるものなのか?

といった内容について簡単に説明します。



テレワークとは?

テレワークとは?2

テレワークとは?について、日本テレワーク協会で説明されています。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

簡単に説明するとテレワークとは、IT技術を駆使することでより自由になる働き方のことです。

類義語リモートワーク、在宅勤務、在宅ワーク

テレワークの7メリットとは?

テレワークのメリット

テレワークのメリットとは何でしょうか?

簡単に説明をします。

  • 拘束時間がない
    →直接人に合わない、通退勤など移動時間がない
  • パワハラ・セクハラのリスクが減少
    →直接上司に合わないため、ハラスメントが少なくなる
  • 場所を選ばない
    →地方や山奥、はたまた海外や離島でも働くことができる
  • 育児・家事の両立が可能
    →待機児童の減少、夫婦円満となる
  • コスト削減、人件費に還元?
    →オフィス家賃がなくなり、人件費に還元されることも?
  • 副業も可能
    →企業によっては副業も認めています
  • 企業にとってはテレワークが武器に?
    →テレワーク事業に共感して応募者が増え、優秀な人材確保がしやすくなる

など

テレワークの4デメリットとは?

テレワークのデメリット

テレワークのデメリットとは何でしょうか?

簡単に説明をします。

  • 最低限のコミュニケーション能力は必要
    →急な電話応対やテレビ会議に対応しないといけない
  • PCスキルが求められる
    →仕事はPC業務がメインとなる
  • サボる社員が明確になる
    →企業側の徹底教育が必要、リストラの可能性が出てくる
  • 運動不足になりがち

など

テレワークと在宅勤務の違いとは?

テレワークと在宅勤務の違い

テレワークと在宅勤務の違いについて簡単に説明します。

在宅勤務は、テレワークの勤務形態の一つです。

テレワークの勤務形態について簡単に説明すると3パターンあります。

  • 在宅勤務
    →自宅で電話やパソコンワークが主体
  • モバイルワーク
    →営業先や移動中などにパソコンやスマホを使う
  • サテライトオフィス勤務
    →勤務先以外のオフィス施設を利用
テレワークと在宅勤務の違い
テレワーク=勤務先外での仕事という意味で大きな違いはなく、自宅でやるか別の場所でやるか程度の違いしかない。

テレワークの仕事内容について

テレワークの仕事内容

テレワークの主な仕事内容について簡単に説明をします。

  • データ入力
  • システム管理
  • デザイン・設計
  • プログラミング
  • 営業・マーケティング

などです。

テレワークの主な仕事内容
PCと電話・メールで業務を行う。

テレワークは環境さえ整えば簡単にできる?

テレワーク簡単にできる

テレワークに必要なものは、以下が挙げられます。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • スマートフォン

最低でもこの3点が揃えばテレワーク業務は簡単にできます。

マイクとカメラはあればいい?
パソコンはマイクやカメラがついていることが望ましい。
(無くてもスマートフォンのカメラ機能とアプリで対応可能。)
自宅にインターネット環境がない場合は?
ポケットWi-fiやスマホのテザリング機能を利用すると簡単にテレワーク業務ができる。
ポケットWi-fiはあれば便利?
自宅にインターネット回線を構築するよりも、ポケットWi-fiを準備しておくのがオススメ!
理由は、自宅以外の場所でも仕事ができるから。

チェックテレワーク・在宅ワークに必要なパソコンのおすすめ簡単な選び方!

簡単にテレワークができない職種

簡単にテレワークができない

テレワークができない職種は、実務を伴う作業や接客を伴う作業が必要とされる職種です。

たとえば以下の職種は簡単にテレワークができません。

  • 建設業
  • 運輸業
  • 製造業
  • 飲食店
  • コンビニ・スーパー・ドラッグストア
  • 病院

など

パソコンをあまり使わない仕事
パソコンを使う時間よりも、体を動かしている時間の方が圧倒的に多い仕事はテレワークができない。

簡単にテレワークができる職種

簡単にテレワークができる

簡単にテレワークができる職種は、PCと電話やメールのみで完結できる職種です。

たとえば以下の職種は簡単にテレワークで仕事ができます。

  • 事務職
  • 塾講師
  • システムエンジニア
  • カスタマーセンター
  • テレアポ・営業(※実務が発生する場合は出勤)
  • プログラマー
  • Webデザイナー

など

1日中パソコンに向き合っている仕事
出勤時から退勤時までデスクに座ってパソコンをいじっている、もしくは電話応対が主な仕事はテレワークができる。

企業は簡単にテレワークに移行できるのか?

企業はテレワーク移行できる?

テレワークに移行するためにはいくつか問題があります。

たとえば、

  • ノートパソコンやインターネット環境の支給
    ●費用がかかる
    ●必要なツール・アプリ・システムの運用の検討
    ●セキュリティ対策や情報漏えい対策
  • マネジメントをどのように行うか?
    ●部下の出退勤管理
    ●進捗管理
    ●売上管理
    ●コミュニケーションが苦手な社員への対応

などです。

こうしたあらゆる問題策を講じるにあたっても初期費用は必ずかかります。

そのため、資金が少ない中小企業がテレワークに移行することは簡単にできることではありません。

テレワーク移行が進む中でやるべきことは?

テレワークまとめ

テレワークは社会にまだまだ馴染んではいません。

しかし、テレワーク主体の社会になる日はそう遠くはないでしょう。

企業がテレワーク移行を進める際に、自分がテレワーク対応できるように準備しておく必要があります。

たとえば、

  • 家事・育児と両立するためにはどうしたらいいか?
  • テレワーク移行前よりも業務効率が上がるようにできるか?
  • 必要な知識やスキルは何か?

といったことをあらかじめ考えておくといいでしょう。

テレワーク移行がますます加速していく中でやらなければならないことは日々の情報収集や努力を怠らないことです。

おすすめの記事