最新ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の購入レビュー!

今回おすすめしたい商品は、ソニーで大人気のワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能を搭載したソニーの完全ワイヤレス型イヤホン「WF-1000XM3(カラー:ブラック)」です。

2019年7月13日に発売されて以降初回出荷分は完売、全国の家電量販店やECサイトでは在庫切れ続出の、かなり話題性の高いワイヤレスイヤホンです。

話題のソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3について実際に購入してみたので、これからレビューしていきましょう!

[toc]

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の外観デザイン

ワイヤレスイヤホン本体は、ソニーの他モデルと共通した楕円形のカナル型を採用した特徴的なデザインになっています。

他メーカーと比べるとやや大き目といったところ。

重さは片方が8g程度と軽く、耳に付けて重いという印象は無いです。

色は実際に購入したブラックの他に、プラチナシルバーもあります。

充電ケースは暗めのゴールドとブラックのツートンカラー。とても高級感のある仕上がりです。

黒色や白色の単色のケースが多い中、ケースのデザインにもこだわりが感じられとても気に入ってます。

フタを開けるとコンパクトに収まっていて、持ち運びや出し入れがしやすいです。ソニーらしいこだわりが感じられます。

開閉の接点箇所とイヤホンが収まる箇所にはマグネットが採用。

開閉はとてもスムーズで、またイヤホンを近づけた時にケースに吸い込まれる感じがとても心地が良く使いやすいです。

なお、充電端子はUSB‐typeCが採用されており、底面に付いています。

ただし、マグネットが採用されているケースは、どうしても砂鉄の付着により汚れやすい性質があるため、気にされる方は汚れが目立たないブラックの購入を強くおすすめします。

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の音質

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3では、ハイレゾ相当の高音質を実現しています。

通常、ワイヤレスイヤホンでは転送時のデータ圧縮により音質が劣化しがちです。

しかし、ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3には、完全ワイヤレス型イヤホンとして初搭載のDSEE HXが採用されています。

これにより、圧縮音源のアップスケーリングによりハイレゾ相当の高音質が楽しめます。

実際に使ってみた感想ですが、

  • 高音域がとても鮮明に響く
  • 立体的で広がりのある音質

といったところです。

間違いなく同価格帯のワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスの音質でしょう。

とはいっても、ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3はデフォルトだと中・低音域が若干地味な印象です。

しかし、専用スマホアプリで細かなイコライザ設定ができ、高・中・低音のバランスを自分好みにカスタマイズすることも可能です。

またプリセットで8種類設定が用意されているので、細かい設定は難しいという方でも気軽に音のカスタマイズを楽しめるのも良いです。

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3のイヤホン性能

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3はバッテリーも長持ちです。

イヤホン単体では約6時間、充電ケース併用18時間の再生時間(ノイキャンonの場合)となっています。

また、ノイズキャンセリング機能をonにした状態でイヤホン単体約6時間の連続再生が可能です。

充電ケースを併用することにより最大18時間と通勤・通学の際に不便に感じることがない充分なバッテリ持ちとなっています。

さらに10分の充電で90分の再生が可能と急速充電ができ、不測のバッテリー切れにも対応できます。

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の装着感

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は装着感がかなりいいです。

耳にしっかりフィットし、柔らかい装着感なので長時間利用してもほとんど違和感はありませんでした。

[画像の出典:SONY公式ホームページ]

イヤホンはカナル形状で耳にすっぽり入り、上画像のように3点で耳と固定する3点支持構造によりしっかり耳にフィットする安定した装着感となっています。

頭を激しく動かしてもズレることが無いので、日常利用における不意な落下等の心配も無く安心して使えます。

3点で支えるという性質上、耳の特定箇所に過度な負担がかかることもありません。

長時間装着しても耳が痛くならい点はおすすめです。

また、シリコン系のトリプルコンフォートイヤーピース3サイズ(画像左側、1サイズはイヤホンに装着済み)とフォーム系のハイブリッドイヤーピース4サイズ(画像右側)が同梱されています。

  • トリプルコンフォートイヤーピース3サイズ(画像左側)
  • ハイブリッドイヤーピース4サイズ(画像右側)

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は、素材やサイズの違いにより異なる音質や装着感を味わうことができ、イヤーピース選びも楽しめます。

    好みもあると思いますが、私は中・低音域が強調され柔らかい装着感のトリプルコンフォートイヤーピースSサイズを普段利用しています。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の接続性能

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は、左右同時伝送方式による安定した接続と低遅延が特徴的です。

    多くのワイヤレスイヤホンでは、親機を経由して子機にBluetooth信号を伝送するリレー方式(例 スマホ→親機の左側イヤホン→子機の右側イヤホン)が採用されています。

    しかしソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の場合は、Bluetooth信号を左右のイヤホンに同時に伝送する左右同時伝送方式が採用されています。

    この方式の採用により、接続がとても早く、音切れすることの無い抜群の接続安定性が実現されています。

    実際に使用した感想です。

    • 充電ケースから取り出し耳に装着するとほぼ同時にスマホ等再生機と自動接続されるレベルの早さ
    • 電波が入り乱れている駅や電車等人混みの中でも音切れが一回も発生したことが無い

    ほとんど違和感がないほど接続は安定してます。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3のノイズキャンセリング機能

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は業界最高水準のノイズキャンセリング性能を誇っています。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は、ソニーヘッドフォンWH-1000XM3に搭載されて高い評判の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を完全ワイヤレス向けに改良した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」を搭載してます。

    実際にノイズキャンセリング機能を使った感想ですが、全ての騒音が完全な無音になるとまでは行かないものの、電車や換気扇の大きな騒音も「サーーーーッ」という小さな音まで軽減され、場所を選ばず好きな音楽を楽しめて大変満足してます。

    現状、実感できるレベルでしっかり機能する本格的なノイズキャンセリング性能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンはソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3しかないので、これだけでも十分買う価値のある商品だといっても過言じゃありません。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の外音取り込み機能

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3には、音楽を聴きながら会話可能な外音取り込み機能があります。

    搭載された左右4つのマイクにより周囲の音を取り込む外音取り込み機能が搭載されており、会話を聞き取りながら音楽を聞くことができます。

    また、自転車等運転時も周囲の音がしっかり聞こえるので安全にイヤホンの利用ができます。

    ワンタッチでノイズキャンセルモードから外音取り込みモードに切り替えることができ、またタッチしている間だけ音楽の音量を下げより鮮明に周囲の音を取り込むモードもあったりと利便性が高い機能になっております。

    外音取り込み機能を搭載した他メーカーのイヤホンも使用したことがありますが、ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3はホワイトノイズ等が混じることなく鮮明に周囲の音を取り込み、同機能についても業界最高水準だといえます。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3のタッチセンサー

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3には物理ボタンが無く、モード変更、音楽再生・停止等の操作はタッチセンサーで行います。

    タッチセンサーの反応も良く、物理ボタン特有の押した際にイヤホン本体が耳に押込まれたり、耳の一定箇所に強い力がかかり痛くなるということがないため、操作も快適です。

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の注意点

    • ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3には防水性能がない
     ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3を操作する際には水などで濡れないようにしなければなりません。
    • ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は販売価格が高い

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3の販売価格は2万6千円前後と、やや高いといった印象を受けます。

    ワンランク上のミュージックライフを楽しむなら?

    ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000XM3は、デザイン・音質・接続性・ノイズキャンセリング機能・その他機能どれをとっても同価格帯の他メーカー製品を凌駕する高性能イヤホンです。

    ワンランク上のミュージックライフを楽しみたい方には間違いなくおすすめの商品です。

    [itemlink post_id="742"]
    おすすめの記事