【パソコン超初心者向け】パソコンのショートカットキーと使い方

パソコン作業で使い方を知っておくと作業効率がグーンと上がるのがショートカットキーです。

仕事が早い人はショートカットキーの使い方を熟知している人が多いです。

1回の入力だけで作業が完結できるので時間短縮になるからです。

簡単なショートカットキーとその使い方をご紹介します。



ショートカットキーの基本は「コントロールキー」

コントロールキー

ショートカットキーで欠かせないのはCtrlキー(コントロールキー)です。

コントロールキーを押しながら指定のキーを押すことで色々な機能を発揮します。

とても簡単で使用頻度が高く、覚えていると便利なことばかりです。

ポイント「Ctrlキー+指定キー」がショートカットキーの基本

使用頻度が高いショートカットキーの使い方

カラフルなキーボード

パソコンの画面上で右クリックをすると、さまざまな項目がでます。

これをマウスを動かしてクリックするよりも、ショートカットキーを使ったほうが断然速いです。

右クリック表示

この中でも特に使用頻度の高いショートカットキーの使い方を紹介します。

【コピー】指定した部分をコピーする

指定した部分をコピーするにはCtrl+Cを使います。

キーボード操作でコピーの方法

【ペースト】コピーしたものをペーストする

Ctrl+Cでコピーしたら、貼り付けたい部分に移動して貼り付けるペーストをします。

ペーストする場合は、Ctrl+Vです。

キーボード操作でペーストの方法

【切り取り】指定した部分を切り取る

指定部分を切り取るにはCtrl+Xを使います。

切り取ったものはなくなりますが、別の場所にペーストすることができます。

キーボード操作で切り取りの方法

【すべて選択】すべての範囲を選択する

Ctrl+A現在のすべての範囲を選択することができます。

よく使うのは、文字をすべて選択したいときです。

キーボード操作ですべて選択の方法

【取消】作業をひとつ前に戻す

間違えた作業をした場合にCtrl+Zで取り消しすると、ひとつ前の作業に戻ることが出来ます。

キーボード操作で取り消すの方法

覚えておいて損はないショートカットキーの使い方

使用頻度は多くはありませんが、覚えておいて損はないショートカットキーの使い方を紹介します。

「文字検索機能」を開くショートカットキーの使い方

Ctrl+F文字検索機能を開きます。

出てきた検索画面に文字を入れ検索をします。

ExcelやWebページ上などで、探したい項目を見つけるときに便利な機能です。

「上書き保存」のショートカットキーの使い方

Ctrl+S現在使用しているアプリケーションを上書き保存できます。

ExcelやWordを使用している際によく使います。

「名前を付けて保存」のショートカットキーの使い方

Ctrl+Shift+Sで現在使用しているアプリケーションを別名で名前を付けて保存が出来ます。

ExcelやWordを使用している際によく使います。

意外に使われないショートカット「オルトキー」

オルトキー

ショートカットキーでは、Ctrlキーの使い方は王道的で知っている人は多いです。

しかし、Altキー(オルトキー)でのショートカットキーの使い方を知る人は意外に少ないです。

Altキーはパターンが豊富すぎて覚えるのが大変です。

ただし、使用頻度は少ないかもしれませんが、いざというときに使えるので覚えておいて損はありません。

オルトキーの基本はExcel・Wordのリボン操作短縮

ExcelでAltキー操作

ExcelWordリボンの操作もAltキーを使うことでマウスを使わずに操作することが出来ます。

意外に使われることは少ないAltキーですが、マウスを動かしてクリックするよりも断然早く操作できます。

たとえば、同じ操作を頻繁に行う場合は覚えておいたほうが便利です。

Altキーの使い方の参考例「Excelシートを昇順にする方法」

Altキーの使い方の例を挙げていきます。

ショートカットキーでExcelシートを「昇順」にする方法をご紹介します。

手順としてはExcel上でAlt→H→S→Sと入力するのみです。

Altキーを押す

Excelシート上でAltを押します。

上部メニューに、リボンがアルファベットで表示されます。

Altキーを押した場合の表示

Hを押してホームを選択

ホームボタンを選択したいのでHを押します。

Hを選択するとホームボタンで使用できるアイコンがアルファベットで表示されます。

Excelでホームを選択

Sを押して「並べ替えとフィルター」を選択

昇順にしたいので「並べ替えとフィルター」のSを選択します。

Excelで並べ替えとフィルターを選択

Sを選択して昇順に並べ替え

最後にSを選択すると、昇順に並べ替えられます。

ショートカットの使い方をひととおりマスターしよう

紹介したショートカットキーは、ほんの一部です。

その中でも使用頻度が高いショートカットの使い方を紹介させていただきました。

まずは簡単で使用頻度が高い、コントロールキーの使い方からチャレンジしてみましょう。

色々なパターンのショートカットキーが使えるようになれば、

  • マウスを使わない分無駄な動きが減り
  • 仕事のスピードもアップ

していきます。

ブラインドタッチとあわせてショートカットキーを覚えれば、パソコン操作は間違いなく速くなります。

おすすめの記事