未経験でもリモートワークエンジニアになれるのか?

リモートワークエンジニアとは?
需要はあるの?
未経験でも大丈夫?

日本ではここ数年働き方改革の意識が高くなっており、同時にリモートワークという言葉をよく耳にするようになりました。

さらにリモートワークエンジニアという職業が近年注目され始めています。

この記事では

  • リモートワークエンジニアとは何か?
  • 今後需要はあるのか?
  • 未経験でも活躍できるのか?

といったテーマでお伝えしていきます。

リモートワークエンジニアとは? 

ノマドエンジニア

リモートワークエンジニアとは時間や場所に捉われていないエンジニアのことです。

もう少し詳しく説明すると、

  • クライアント先に常駐して働かない
  • 在宅していてもできる案件

これらを請け負って仕事をする人たちのことです。

さらに在宅だけでなく、その人自身が仕事ができる環境だと判断した場所すべてがワーキングスペースになるという魅力もあります。

Wi-fi環境さえ整えればノマドエンジニアとしてさらに自由に生きていけるのです。

リモートワークエンジニアの将来は?

リモートワークエンジニアの将来

日本では働き方改革についての意識が非常に高まっています。

その影響もあり、さまざまな企業がリモートワークという新たな働き方を導入しています。

特にIT業界はもともと在宅勤務がしやすい環境であり、今後ますます IT業界でリモートワークをする人が多くなります。

さらに日本ではエンジニアの数が足りていないというのが現状です。

リモートワークができるエンジニアはこれから重宝される存在になります。

リモートワークエンジニアの将来は明るくなるでしょう。

リモートワークエンジニアは未経験でも大丈夫?

リモートワーク未経験

結論からいうと、未経験者がリモートワークエンジニアになることは厳しいです。

IT業界はいま人手不足などの理由から未経験者でも募集している企業が多くあります。

実際に「エンジニア 求人」で検索すると多くの企業がエンジニア (未経験可) として募集しています。

なぜ未経験者がリモートワークエンジニアになるのは厳しいのでしょうか?

未経験者がリモートワークエンジニアになるのが厳しい理由とは?

未経験は厳しい?

リモートワークでは、場所を選ばず仕事の自由度が高いのが最大の特徴です。

しかし自由度が高い反面、高い信頼性が必要とされます。

企業は、

  • 本当にこの人に仕事を任せて大丈夫なのだろうか…

といった不安を抱えます。

その時に必要なのが、今までにどんなことをしてきたかなどの実務経験です。

つまり、未経験者がリモートワークエンジニアになるには最低限の開発・実務経験がないと難しいでしょう。

未経験でもリモートワークエンジニアになれるチャンスはある?

未経験でもITエンジニアになれる

IT業界はこれからさらに進化し加速していきます。

しかも人手不足なので、未経験でもリモートワークエンジニアを求人募集している会社は増え続けています。

しかし、高度な技術を初めから持ち合わせていなくとも最低限やるべきことはあります。

それは、

  • 知識と技術を身につけること
  • 実績(ポートフォリオ)を作ること

です。

これを一度にできる方法として、一番簡単な近道がプログラミングスクールを受講することです。

転職までバックアップしてますので、費用がかかる分確実にリモートワークエンジニアに近づけます。

リモートワークエンジニアになるために、行動してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事