フォトショップの基本的な使い方

Photoshop(フォトショップ)は、画像を編集するツールとしてプロの現場から個人での趣味での利用まで幅広く使われています。

写真の加工やデザインなど様々な用途に使用できるフォトショップは、基本操作を知るだけで簡単に使用できます。

ここではフォトショップの基本的な使い方を紹介します。



Photoshop(フォトショップ)でできること

フォトショップロゴ

Photoshop(フォトショップ)とは、写真や画像を編集するソフトです。

ひとことで画像編集といってもフォトショップではできることがたくさんあります。

たとえば、すでにある素材や写真を元に、

  • 色を変えたり
  • 補正したり
  • 合成したり

といった加工ができるのはもちろん、

  • webページやアプリ用のデザインを作ったり
  • イラストを書いたり
  • プレゼンテーションの資料を作ったり

といったゼロからデザイン創作することも可能です。

フォトショップでできること
  • 色を変える
  • フィルター加工する
  • 補正する
  • 写真を切り抜く など
フォトショップで創作できるもの
  • チラシ、ポスター、名刺

  • イラスト

  • プレゼンテーションの資料 

  • webサイト・アプリのデザイン など

フォトショップの基本的な使い方

▼フォトショップの購入・ダウンロードはコチラ

まずは、フォトショップの画像編集画面の名称を覚えましょう。

フォトショップの編集画面

  1. メニューバー
    画像の編集や保存、作業画面の設定、レイヤーの管理など基本的な操作を一通り行うことができます。
  2. ツールパネル
    画像ウィンドウにある画像を選択したり、文字を入れるなど画像を直接加工することができます。
  3. 画像ウィンドウ
    編集の対象となる画像を表示させることができます。
  4. オプションバー
    ツールパネルで選択しているツールの詳細が表示されます。選択するツールパネルによって表示が変わってきます。
  5. アイコンパネル
    編集している画像の色味を変更したり入力した文字の設定を変えたり、様々な細かい設定を行うことができます。
  6. パネル
    編集している画像の色味を変更したり入力した文字の設定を変えたり、様々な細かい設定を行うことができます。

次に、最低限覚えておくべき基本の操作を紹介します。

画像の新規作成

フォトショップ編集画面(ファイル)

画像を新規作成したい場合は、いくつか方法があります。

一番簡単なのはファイル→新規を選択することです。

またはコントロール+N(macの場合は⌘+N)でも可能です。

画像を直接フォトショップの画面にドロップすることもできます。

レイヤー作成

フォトショップ編集画面(レイヤー)

レイヤーとは、画像を構成する要素です。

フォトショップではレイヤーを重ねていくことでよりクリエイティブな画像編集を行うことができます。

レイヤーは上にあるものが一番表示されます。

イラストなどの場合、下書き用のレイヤーが下で本書き用のレイヤーが上にきます。

レイヤーごとに選択した上下に動かし順番を変更したり、統合したりすることもできます。

画像の拡大・縮小

フォトショップ編集画面(画像の拡大・縮小)

画像を編集する際に覚えておきたいのが、画像の拡大や縮小ができるズーム機能です。

拡大して細かいところを編集したり、縮小して全体を表示させたりと編集には欠かせない機能ですので覚えておきましょう。

ツールパネルのズームボタンで操作可能で、そのまま押せば拡大しaltボタンを押しながら画像を押せば縮小します。

または、Zを押すことでズームボタンに切り替えることも可能です。

フォトショップを使いこなして案件獲得しよう

フォトショップの基本的な使い方を覚えたら、実際に作品を作りましょう。

使えれば創作の幅が広がるツールですので、ぜひ基本の操作を覚えて活用してみてください。

Adobe Photoshop CC

Adobe Photoshop CC
フォトショップの12ヶ月版です。

フォトショップおすすめ本

Photoshop 10年使える逆引き手帖
フルカラーで初心者にもわかりやすく書かれています。

フォトショップのおすすめ学習法

独学が難しい…という方にはオンラインスクールがおすすめです。

 

おすすめの記事