パソコン初心者は何から?

パソコン初心者にとって最初に悩むことは、何から始めればいいの?ということではないでしょうか。

パソコン初心者が1番はじめに覚えるべきなのは、キーボード操作です。

何から始めればいいのかわからないパソコン初心者向けにキーボード操作の習得方法について説明します。



パソコン初心者はなぜ速いキーボード操作を覚えるべきなのか?

パソコンはとても便利であり、テレワークにおいても必需品です。

キーボード操作を覚えなければ、何もできません。

では、具体的にパソコン初心者は何から始めればいいのかというと、ブラインドタッチの習得です。

キーボード操作でなぜブラインドタッチを習得するべきなのかを少し説明します。

ブラインドタッチができないと生産効率が悪い?

パソコン初心者とブラインドタッチができる人を比較します。

キーボード操作速度の違い

パソコン初心者:1分間で30~40字程度

ブラインドタッチができる人:1分間で140~160字程度

外部リンクタッチタイピングを習得することで得られるメリット

ご覧のとおり、パソコン初心者とブラインドタッチができる人の差は歴然です。

文章を考えずにキーボード操作するタッチタイピングゲームなら、1分間で300字以上打てます。

単純に4倍速で入力できるとしたら、生産効率は4倍です。

ブラインドタッチができないことのデメリット

ブラインドタッチができないことのデメリットは誤字脱字への対応が遅いことです。

ブラインドタッチができない人はキーボードを見ながらキーボード操作します。

  1. キーボードを見ながらキーボード操作
  2. 画面を見て誤字脱字に気づく
  3. 修正する
  4. 再びキーボードを見ながらキーボード操作をする

一つ一つの動作が遅く、誤字脱字があっただけでスピードが遅くなります。

ブラインドタッチができるようになると①と②と③を瞬時に行うことができます。

パソコン初心者とブラインドタッチができる人の違い

パソコン初心者:キーボードに集中

ブラインドタッチができる人:画面に集中

画面を見ながらキーボード操作ができないのもパソコン初心者?

ブラインドタッチができない人って実際は多いそうです。

自分の会社の中を見渡してみてください。

ブラインドタッチができる人はどのくらいいるでしょうか?

こんなデータがあります。

Q.あなたはキーボードを見ずに文字を入力する、ブラインドタッチができますか?
はい   78人(37.0%)
いいえ   133人(63.0%)

ブラインドタッチができる人は約3人に1人しかいません。

会社に就職したら、ブラインドタッチができないだけでパソコン初心者です。

それだけでなく、ブラインドタッチができない=仕事ができない人というレッテルを貼られることも。

もし画面を見ずにキーボード操作できるブラインドタッチを習得できたとしたら、それだけであなたの市場価値は上がります。

画面を見ながらキーボード操作するブラインドタッチの習得方法

画面を見ずにキーボード操作できるブラインドタッチを習得するには、何から始めればいいのでしょうか?

オススメは下記の手順です。

  1. キーボードのボタン配置を覚える
  2. 正しい指の置き方を覚える
  3. 正しい指の動かし方を覚える
  4. タイピングゲームをひたすら行う

以上です。

①が完了したら②へ、②が完了したら③へといったように、ひとつ覚えたら次の手順にステップアップしていくと習得は早いでしょう。

思っている以上にとても簡単で、早い人なら1日で④まで進みます。

ではブラインドタッチの習得方法について詳しく解説していきます。

①キーボードのボタン配置を覚える

はじめに、キーボードのボタン配置を覚えます。

パソコンに触れた人ならなんとなくどこにどのボタンがあるのかわかるでしょう。

具体的にどのボタンを覚えたらいいのか?ということですが、以下のように覚えてください。

  1. あいうえお
    A I U E Oのボタンの位置を覚えましょう。
  2. さたなはまやらわん
    あいうえおの位置さえ覚えたら、他のかな入力は組み合わせるだけ。
    「さ」であればS+Aとなります。
    そのため、S T N H M Y R W N の位置を覚えましょう。
    ※「ん」はNを2回入力すると変換できます。

②正しい指の置き方を覚える

次に、正しい指の置き方を覚えます。

ブラインドタッチでは、人差し指から小指まで両手合わせて計8本の指を使います。

詳しくは以下の外部リンクサイトを参考に。

外部リンクタイピングで指の位置はどこ?入力しやすい指の位置を教えます

③正しい指の動かし方を覚える

次に、正しい指の動かし方を覚えます。

それぞれの指がどのボタンを押すのかを覚えます。

各指にはそれぞれの役割があり、どの指がどのボタンを押すかが決まっています。

こうすることで、指を動かす範囲が狭くなり、早いタイピングができるようになります。

④ひたすらタイピングゲームで練習!

ある程度指の動かし方がわかるようになったら、ひたすらタイピングゲームで練習しましょう!

ゲームをしながらキーボード操作をすると、

  • キーボード操作が楽しくなる
  • キーボード入力が上達する

という2つのメリットがあります。

オススメは無料で遊べる寿司打です。(筆者も非常にお世話になりました。)

外部リンクFlashタイピング 【寿司打 – SushiDA -】 – Neutral

キーボード操作を覚えたら、次は何から始めればいい?

パソコン初心者がキーボード操作を覚えたら、これからどんどんスキルアップできます。

では次は何から始めればいいのか?というと、次にオススメのスキルは以下です。

  1. Webライティング受注
  2. Excelの習得
  3. VBAの習得

ひとつずつスキルアップをして新しいことにチャレンジしていきましょう!

おすすめの記事