無料で使える画像加工フリーツールおすすめ5選

画像加工したいけどスキルがない…

簡単に画像加工したい…

見栄えの良い資料やおしゃれなデザインを作りたい…

このような悩みを解決できる、とてもおすすめな画像加工ツールがあります。

しかも、無料で使えてカンタンに高度な画像加工ができるツールを「5つ」ご紹介します。



PCの画面をキャプチャして編集できる「Screenpresso」

「Screenpresso」はPCに表示されている画面をキャプチャし、そのまま画像にすることができるツールです。

Screenpresso

いわゆるスクリーンショットを画像として取り込むことができます。

たとえば、以下のような場合に便利な機能をもつツールです。

  • PC上に表示されている画像のすべて
  • 表示されている画像の一部だけ切り抜きたいとき

また、画像をキャプチャするだけでなく、画像を編集できるのがこの画像加工ツールの強みです。

「Screenpresso」ではキャプチャした画像を、以下のように編集することができます。

  • テキストを入れる
  • 矢印をつける
  • 枠で囲む
  • ぼかしを入れる など

windowsアクセサリに標準装備されている、snipping toolの上位版と考えてください。

キャプチャから画像編集までをこのツール一つで完結することができます。

Screenpressoの使い方・インストール方法

Screenpresso」のWebサイトにて「スクリーンプレッサーを無料で入手」を選択します。
(インストールについては任意なので、skipすることが出来ます。)

キャプチャするには、上部にあるキーボードの「Prt Scr」キーを使います。

あとはカーソルを移動し、動画・画像の切り取りたい範囲を選択するだけです。

フォトショップに近い画像処理ツール「Pixlr Editor」

「Pixlr Editor」はPhotoshopを使いたいけど費用をかけたくないかたにおすすめな、画像処理に便利な無料ソフトです。

Pixlr Editor

Pixlr Editorはブラウザ上で使用するツールなので、Windows、Macどちらでも使用できます。

Pixlr Editorでは以下のようなことができます。

  • 切り抜き加工
  • 重ね合わせ
  • エフェクト加工
  • 色合い変化
  • サイズ変更
  • テキスト挿入 など

編集画面や機能はPhotoShopと似ていて、レイヤーごとに画像を重ねて作ることもできます。

ただし、PhotoShopよりも使える機能は少ないです。

しかし、使い方次第では有料ソフトと比較しても見劣りしない高品質な作品が作れるのはPixlr Editorの魅力です。

Pixlr Editor加工前
Pixlr Editor加工後

出典:Pixlr Editor

このように違和感なく、綺麗な画像をカンタンに加工することが出来ます。

一度テンプレートを作っておくと、同じ画像でもさまざまなパターンに加工することができます。

お気に入りの画像を加工して、あなただけの「オリジナル」の1枚を作り出してみてはいかがですか。

オシャレでカンタンに仕上げたいなら「Canva」

Canvaは、画像をオシャレでかつカンタンに仕上げたいときに使えるツールです。

Canva

Canvaは以下のような用途におすすめです。

  • Instagramの投稿
  • チラシ・パンフレット作製
  • カレンダー
  • ロゴ
  • 履歴書
  • ポスター
  • 名刺 など

    Canvaの強みは、豊富なテンプレートと文字フォントです。

    Canvaならおしゃれで自分好みのテンプレートやフォントが見つかるはず。

     

    Canva②

    上記の画像を見ただけでも多種多様なテンプレートが用意されています。

    どんなテンプレートがあるのか見るだけでも楽しめるのもCanvaの魅力です。

    選択したテンプレートやフォントには有料のものもありますが、無料で使えるデザインも豊富です。

    Canvaなら、「一から全て」を作るのは自信がないという方でも美しいデザインを生み出すことが出来ます。

    Canvaは直感的で分かりやすく、初めての方でも簡単に操作できます。

    さまざまなパターンの画像加工をブラウザで完結「バナー工房」

    バナー工房では、豊富な種類の画像加工をブラウザ上で行うことができます。

    登録・ダウンロードが不要、商用利用が可能で、全て無料で使用することが出来ます。

    バナー工房

    バナー工房は、以下のような画像加工ができます。

    • 文字入れ
    • 切り取り
    • モザイク
    • フレーム
    • スタンプ入れ 
    • GIFアニメ画像作成 など
    GIFアニメ画像とは?
    いくつもの静止画像を重ね合わせて動画風にした画像のことです。
    GIFサンプル

     

    バナー工房の使い方は、加工したい画像を選んで「画像を選択する」でPC内にある画像ファイルを選択します。

    あとは「画像を加工する」を選んで加工するだけです。

    色・形を変える、反転させるなど思い描いたデザインを作成できます。

    文字を入力して、インパクトのある画像を作ることも可能です。

    自由度が高く、イメージした画像を簡単に作成できるのが魅力です。

    YouTubeのサムネイル作成にも便利な画像加工ツールです。

    Excel・PowerPointよりもカンタンに作図できる「diagrams」

    diagramsは、カンタンに作図したいときに最適なツールです。

    diagrams

    ブラウザ上で完結できますので、インストールする必要はありません。(インストール版もあります。)

    diagramsのおすすめな点は、作図する時間が大幅に短縮できることです。

    たとえば、上記のようなチャート図はExcel、PowerPointでも作成できますが、矢印や図の位置を調整するのが手間です。

    しかしdiagramであれば、そのようなわずらわしい位置調整は一切不要です。

    また、図のテンプレートやアイコンの種類が豊富であるため、画像を挿入する手間すら省くことができます。

    diagramsテンプレート①
    daiagramsテンプレート②
    diagramsアイコン①
    diagramsアイコン②
     「diagrams」と検索すると、「diagrams.net」「draw.io」の2種類が出てきますが、どちらも同じツールです。

    diagramsの使い方

    diagrams.net」を開くと、最初の画面は下のようになります。

    Langageにて日本語を選択すると日本語で使うことができます。

    daiagramsスタート画面

    daiagrams②

    用途に合わせてデザインを選択します。

    デザインは「チャート」、「Network」、「ソフトウェア」まで幅広くあります。

    例えば「白紙ファイル」を選択するとこうなります。

    daiagrams③

    白紙ファイルを開くとマス目のついた用紙が出てきます。

    ここに画面左側メニューにある、様々な図形を加えていくことができます。

    「一般」、「その他」、「高度な設定」など、色んな図形が項目ごとに分けられており、視覚的に分かりやすいので直感的に使うことができます。

    ミーティング・発表で使用する資料だけでなく、設計図を作ることも可能です。

    ビジネスマンからエンジニアまで、ぜひ一度は使っていただきたいツールです。

    画像加工はビジネスからデザインまで応用可能な必須スキル!

    ご紹介した5つのソフトはどれも無料で使える画像加工ツールです。

    インストール・登録が不要なものが多いので、軽い気持ちで始めてみるのも良いかもしれません。

    無料とはいえ機能は十分に備わっており、有料ソフトと同じように綺麗な画像を作ることが出来ます。

    画像加工は資料作成・パンフレット作成・Web制作といったさまざまな用途で用いられます。

    デザイナーだけでなく、他の業種のかたもあらゆるビジネスシーンで活用してみてください。

    おすすめの記事