エクセルVBAをする男性

エクセルVBAを活用すると、作業を早くできて手間を省けるようになるというメリットがあります。

それだけではなくミスがなくなり、作業効率化が最大化されます。

ここではエクセルVBAの基本的な使い方を紹介します。



エクセルVBAでできることとは?

ノートパソコンでエクセルVBAの作業をする女性

エクセルVBAの「VBA」とは、エクセルなどのアプリケーションで使うプログラミング言語のことです。

マイクロソフト社が開発したVisual Basicというプログラミング言語をベースにしています。

正式名称は、Visual Basic for Applicationsです。

VBAが使える主なアプリケーションは以下の通りです。

  • エクセル
  • パワーポイント
  • アウトルック

    VBAは一般的にエクセルで使われることが多いです。

    しかし、MicrosoftOfficeのアプリケーションである、ワード、パワーポイント、アウトルックなどでも利用できます。

    エクセルVBAを導入すれば、

    • 作業を短縮できたり
    • ミスを減らしたり

    することが可能です。

    これからVBAでできることについて例を挙げていきます。

    エクセルの繰り返し作業を自動化できる

    VBAでは、エクセルで使われる繰り返しの機能を自動化できます。

    • 複雑な計算
    • データからグラフを作る
    • 日次データから月次データを作る

      このような簡単な作業から複雑な作業まで、簡単に処理できるようになります。

      単純作業の自動化

      VBAでは、今まで1つ1つ手で入力していた作業を自動化することができます。

      たとえば、商品コードを入力するだけで商品名や明細などを自動で出力させたり、ボタンを作ってクリックするだけで一括印刷させることができます。

      メールを一括送信できる

      VBAでは、決められた送信先にメールを一括送信できます。

      そのため、送信先を一つずつ選んだり、メールの本文に記載する名前を変更したりする手間がなくなります。

      WEBサイトの情報を受信できる

      VBAでは、データを自動で取得できます。

      Webで情報収集して資料をまとめる必要があるときに便利です。

      応用すれば取得したデータからグラフを作成することも可能です。

      レポートを自動で作成できる

      VBAでは、エクセルで作ったデータを元にして自動でレポートを作成できます。

      エクセルVBAを使うと、エクセルからPDFへ出力するのを自動で行えます。

      コピペする操作をボタンのクリックのみでできるようになるため、業務が楽になるでしょう。

      エクセルVBAの基本的な使い方

      エクセルVBAをする人

      エクセルVBAは、以下のような手順で進めていきます。

      1. マクロを作成する
      2. 開発エディタを起動してコードを書く
      3. コードを実行する

        マクロを作成する

        エクセルVBAを使うには、まずはマクロの準備をします。

        マクロを有効化して開発タブを表示してみましょう。

        はじめにマクロを有効化します。

        1. エクセルのツールバーから[ファイル]をクリック
        2. [オプション]→[セキュリティセンター]→[セキュリティセンターの設定]をクリック
        3. [マクロの設定]→[すべてのマクロを有効にする]を選択

          次に、開発タブを表示しましょう。

          1. ツールバーの[ファイル]から[オプション]をクリック
          2. [リボンのユーザ設定]の[開発]にチェックを入れる

            開発エディタを起動してコードを書く

            1. 開発タブから[Visual Basic]をクリックしてVBAを起動する
            2. 挿入タブから[標準モジュール]を選択してコードウィンドウを開く

              コードを書くエリアが表示されたら、次にコードを書いていきます。

              コードを実行する

              コードを書いたら、実行して正しい動きをしているか確認しましょう。

              コードを書くには、VBA関数などの基本的な構文を覚える必要があります。

              しかし、覚えるのが面倒な場合でも、必要なコードはグーグルで検索するとほとんど解決できます。

              チェックネット検索方法まとめ!検索の種類と超速で検索する方法

              実行タブから[Sub/ユーザフォームの実行]をクリックするとコードを実行できます。

              エクセルVBAでよく使う基本文法

              ノートパソコンでエクセルVBAをする

              エクセルVBAを活用する場合は、ルールや文法に習ってコードを書く必要があります。

              • ドット・半角スペース・アンダーバーを使って書く
              • VBAの関数を使う

                VBA関数はエクセルに入力する関数と似ているものです。

                ドット・半角スペース・アンダーバーを使う

                エクセルVBAでは、基本的にドットと半角スペースで書いていきます。

                また、改行するときはアンダーバーを使います。

                Forでループ処理をする

                For Nextステートメントは、同じ処理を繰り返す作業を自動化できるようになる関数です。

                回数を数えるカウンターが設定した回数に到達するまで同じ作業を繰り返します。

                余計な処理をスキップして作業を高速化できます。

                Ifで処理を変更する

                Ifステートメントは、条件によって処理を変えたいときに使う関数です。

                例えば、値の大小関係や、数値が等しい・等しくないなど、別の条件で自動化したいときに使います。

                Ifステートメントを活用すれば、エクセルVBAで自動化できる作業が増えるでしょう。

                エクセルVBAで作業を楽にしよう

                エクセルVBAの作業をする男性

                エクセルVBAをを活用すれば、よりエクセルを便利に楽に使えるようになります。

                今回紹介した機能以外にも、エクセルVBAには多くの便利な機能があります。

                エクセルVBAで自動化できれば、仕事の効率化に繋がるはずです。

                簡単なエクセルVBAから実戦して、仕事を自動化してみましょう!

                おすすめの記事